見た目体重が大事

高校生の頃の悩みは
外見の悩みが過半数でした。

わたしと、あの友だちと
同じくらいの身長で
同じような体型なのに

あの子は痩せて見えて
わたしは太って見える気がする。

こんなことを感じた経験は
だれにでもあるんじゃないかな。

体重とは関係ないんですよね。

太って見えたり
逆に痩せて見えたりするから
見た目体重、っていう言葉があります。

見た目年齢、と同じ考え方ね。

痩せて見える人は着痩せしていて
太って見える人は着痩せしないんです。

着痩せはコツがあるはずだから
コツつかめば大丈夫だと思う。


高校生の髭、どうでしょう?

若い時はいろんなことで悩みますね。男子には男子特有の悩みがあって、女子には女子特有の悩みがあります。どちらがより深刻かということはなく、本人にとって悩んでいることが最大で最高に深刻な悩みなのです。

特に中学生、高校生の時にはとても繊細でデリケートでだれにも相談できない悩みを抱えますね。男子は第二次性徴を迎えると身長が高くなってきますし、体つきが大人に近づいてきます。声が低くなり始めて、ニキビができやすくなるのもこの頃です。

第二次性徴期が始まると生殖能力を持つようになって、子供から大人への心身の変化が見られ、この過程を思春期と呼びます。思春期、いい響きですね。異性に関心を持って淡い恋心を抱く初恋も思春期特有のものです。

身体にも変化が生じてきて、髭や陰毛などの体毛が生えて濃くなってきます。女子はもう少し前に生理がくるので、身体に変化が生じ始めるのは女子の方が先です。だから同年代の男子がおさなく見えてしまうのかもしれません。

性徴期の始まりは10歳くらいからですが、もちろん個人差があります。15歳頃に始まるちょっと遅めの子もいますが、異常ではありません。とにかく中学時代、高校時代の悩みには、変化し始めた自分への戸惑いが大きいんですよね。

最初に身長が高くなって、次に体つきが良くなってきて、次に声が低くなって、次に髭が生えはじめるという順番が一般的です。同時にぜんぶ迎えることもありますし、最初に声が低くなってきてから体毛が濃くなって、しばらくしてから身長が伸びるというパターンもあります。

成長の順番も個人差があるように、成長のスピードも個人差がありますが、いずれは身長が伸びて高校生 髭や体毛が濃くなるとしいう変化を迎えます。健康の証とはいえ、嬉しい成長もあれば嬉しくない成長もあります。

髭が目立ち始めることは、多くの高校生にとって悩みの種となっています。高校生で髭が濃いと目立ちますよね。周りの友人はまだ髭が目立たないのに自分だけ髭が濃いとからかわれますし、周囲との違いがコンプレックスになってしまいますね。高校生 髭 悩みについて参考になる情報があります。

特に男子高校生は、女子の目がとてもとても気になります。「髭キモい」とか「生理的にムリ」とか言われたら、学校に行きたくないほどショックを受けますよね。高校生ですでに髭が濃い男子は、大学に進学するともっと濃くなってかわいそうなくらいです。

できることなら髭なんて生えないでほしい、と思うものです。俳優やタレントは髭のないツルツルの肌をしていて羨ましいですよね。でも髭で悩んでいる高校生は多いのですから、登校拒否や引きこもりや自殺などを考えるべきではないんです。