二重まぶたは遺伝する


二重まぶたになるか、一重まぶたになるかには、遺伝が関係しています。

生まれてくる自分の赤ちゃんのまぶたが二重か一重かというのは、関心がありますよね。



二重まぶたは、遺伝するものですから、一重まぶたの両親から生まれてきた赤ちゃんは一重まぶたになることが多いのです。

二重まぶたの親と一重まぶたの親から生まれてきた赤ちゃんの場合は、どちらもありえて、両親が二重まぶたの場合には、二重まぶたの赤ちゃんが生まれる確立が高くなります。



一重まぶたで産まれてきた赤ちゃんは、成長してから二重まぶたになるのでしょうか?

一重から二重になる確率は高くはないのですが、赤ちゃんは成長とともに顔も変わりますから、「二重にならない」ともいえません。

現に、20歳を過ぎてから二重まぶたになった方や、痩せたり太ったりの体型の変化で一重から二重に、または二重から一重になる場合もあります。



ちなみに、生後間もない赤ちゃんは、一重まぶたであることが多いと言えます。

一重まぶたか二重まぶたかの違いは、まぶたの裏の脂肪やたるみによって変わるものです。
そうそうずっと同じまぶたであることは、少ないとも言えますね。

両親が「くっきりの二重まぶた」なのに、赤ちゃんは「ぼってりした一重まぶた」という場合でも、動き回って痩せてくる1歳を過ぎる頃には、二重まぶたになっていることが多く見られます。



大きくなってからも一重のままだったとしても、目の運動やまぶたの脂肪を落とすマッサージで二重まぶたになる可能性もあります。

まぶたの皮膚は柔らかくて変化しやすいので、赤ちゃんの一重はあまり気にしすぎないほうがいいかもしれませんね。