二重まぶた整形手術を受ける前に考える


二重まぶた整形手術についての、メリットとデメリットを考えてみましょう。



■ 埋没法

二重まぶたの手術方で、今一番よく知られているのが『埋没法』です。

埋没法は、メスを使わずに行なえる整形手術です。

メスを使いませんから、もちろん傷跡も残りません。

手術時間は、わずか10分前後です。

手術後の腫れも少ないので、一番人気の二重整形手術となっています。

埋没法は、料金も安く、気にいらなければ手術前の目に戻すこともできます。

ほとんど腫れない方もいて、翌日にはメイク可能です。

しかし、埋没法は一重まぶたに戻ってしまう可能性があります。

糸でとめているだけなので、その糸が切れてしまうと手術前の状態に戻るのです。

「何度も手術をしたくない」「一生二重でいたい」という方には、プチ整形は向いていません。



■ 切開法

切開法とは、字のごとく、まぶたを切開します。

そして余分な脂肪や皮膚を取り除き、まぶたを二重にする整形手術です。

料金もピンキリですが、埋没法よりは高いですね。

人によっては、リスクの大きい手術法になるかもしれません。

手術後は、腫れが長く続くことが多く、もし気に入らなかったとしても手術前の目に戻すことはできません。

しかしその分、成功すれば綺麗な二重になります。

一生元のまぶたに戻ることはありません。



埋没法を受けようと思っても、まぶたによっては医師に切開法をすすめられることもあります。

事前のカウンセリングをしっかり受けましょう。



二重まぶた手術以外にも、気をつけておかなければいけないことがあります。

「料金」や「アフター保証」などをきちんと把握しておかないと、後々大変な問題になってしまう場合もあるのです。

失敗やトラブルに巻き込まれないために、病院選びは念には念をいれてください。

慎重すぎるくらいが丁度良いのです。